コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

一話一言 いちわいちげん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

一話一言
いちわいちげん

江戸時代後期の随筆大田南畝著。 50巻。安永8 (1779) 年起稿,文政3 (1820) 年成立。南畝の随筆だけでなく,諸書,記録類の抄出を多く含む。著者の幅広い学識がうかがわれる書。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いちわいちげん【一話一言】

江戸後期の随筆。56巻。大田南畝(なんぽ)著。安永4年(1775)ごろから文政5年(1822)ごろまでに筆者が見聞した風俗・流行・事件・天災・幕府の文書などを書き留めたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いちわいちげん【一話一言】

江戸後期の随筆。大田南畝作。1775‐1822年(安永4‐文政5)に執筆。56巻。内閣文庫蔵の自筆は6巻欠けているが,1~3巻の抄録と8,33巻は活字本(48巻と補遺9巻)に入り,原巻40のみ散逸。形式は聞書,抄録,所感,記録など,内容は歴史,伝記,風俗,出来事,見聞記など興味の赴くままに多岐多彩なので江戸随筆の代表と見られ,生前すでに愛読者があり,写本が作られた。《日本随筆大成》別巻に所収。【浜田 義一郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いちわいちげん【一話一言】

随筆。五六巻。大田南畝著。1775年頃から1822年頃に至る約50年間に随時書かれたもの。文芸・歴史・風俗・時事・行動記録・感想など広範にわたる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

一話一言
いちわいちげん

大田南畝(なんぽ)(蜀山人(しょくさんじん))の随筆、抄録。自筆原本56巻は6巻散逸したが、諸写本を編成した活字本の補足により、かなり復原されている(巻40は欠)。20代から70代までの幕臣の勤務、文人の生活、旺盛(おうせい)な読書力と広範な知識欲などを反映して、内容は多彩かつ豊富な好読み物なので、生前から借覧希望が多く、写本も多数つくられた。南畝随筆のなかでの代表であり、またいわゆる江戸随筆の流行を促した典型的随筆である。[浜田義一郎]
『『日本随筆大成』別巻1~6(1959・吉川弘文館)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

一話一言の関連キーワード舟間・船間・船澗山中源左衛門蜀山人浮世絵行平鍋窪俊満文芸時事紙衣力綱

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android