コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生成社会 せいせいしゃかいcomponent society

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生成社会
せいせいしゃかい
component society

F.H.ギディングズの用いた社会概念の用語。彼は,『社会学原理』 The Principles of Sociology (1896) で,社会の基本的現象である結合の本質は同類意識であるとし,同類意識の結合に対する作用の仕方によって,社会構造を生成社会と組成社会に分けている。生成社会とは,それ自体自足的な諸集団がより大きい集団に結合する社会を意味し,そして社会は,社会の生成によって同質性を維持しながら,社会の組成によって差異を同質性に結合しつつ複雑な統一の実現に向って進むと説いている。さまざまな型の社会集団を考察の対象としているが,生成社会の最も単純な形態は家族であり,したがってホルド (部分的になんらの差別がなく,固定的な組織をもたない同質的集団) ,民族といった方向,あるいは近隣,村落,町村,地方,国家という方向へと発展するとみた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android