コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生方鼎斎 うぶかた ていさい

1件 の用語解説(生方鼎斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

生方鼎斎 うぶかた-ていさい

1799-1856 江戸時代後期の書家。
寛政11年生まれ。巻菱湖(まき-りょうこ)門の四天王ひとり。天保(てんぽう)通宝の文字をかいたという。安政3年1月7日,福田半香宅の酒席での争いから,帰路,剣客金子健四郎の若党に殺された。58歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。名は寛。字(あざな)は猛叔。通称は造酒蔵。別号に一粟居士,相忘亭主人など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

生方鼎斎の関連キーワードブラウン序曲ヘルダーリンワレンシュタイン紀上太郎常磐津文字太夫(2代)西宮新六科学史規矩術坂東三津五郎

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone