コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生方鼎斎 うぶかた ていさい

1件 の用語解説(生方鼎斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

生方鼎斎 うぶかた-ていさい

1799-1856 江戸時代後期の書家。
寛政11年生まれ。巻菱湖(まき-りょうこ)門の四天王ひとり。天保(てんぽう)通宝の文字をかいたという。安政3年1月7日,福田半香宅の酒席での争いから,帰路,剣客金子健四郎の若党に殺された。58歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。名は寛。字(あざな)は猛叔。通称は造酒蔵。別号に一粟居士,相忘亭主人など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

生方鼎斎の関連キーワード白川芝山岡田挺之梅沢敬典桂直行佐野東洲秦星塢畠中西岳平井雅斎平林東谷堀松碩