コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生方鼎斎 うぶかた ていさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

生方鼎斎 うぶかた-ていさい

1799-1856 江戸時代後期の書家。
寛政11年生まれ。巻菱湖(まき-りょうこ)門の四天王のひとり。天保(てんぽう)通宝の文字をかいたという。安政3年1月7日,福田半香宅の酒席での争いから,帰路,剣客金子健四郎若党に殺された。58歳。上野(こうずけ)(群馬県)出身。名は寛。字(あざな)は猛叔。通称は造酒蔵。別号に一粟居士,相忘亭主人など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android