コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生物地理区 せいぶつちりくbiogeographic region

世界大百科事典 第2版の解説

せいぶつちりく【生物地理区 biogeographic region】

各地の生物相の特徴を基にした地理的区分。動物,植物,さらにその分類群によって多少異なり,一般に動物の場合は動物地理区,植物の場合は植物区系と呼ばれる。古典的には分類学に基づき分類地理学的な区分がなされたが,近年では生態学的要素も考慮されるようになってきた。生物の分布が,地理的(場所的)であるとともに生態的(環境的)であるからである。なお,海洋についても,海洋生物海流,水温帯などから,生物学的海区区分がなされる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

生物地理区の関連キーワードシリアル・ノミネーションタンココ自然保護区テチス動物群ロンボク海峡ロンボク島生物地理学氷河時代古第三紀新第三紀鮮新世箭石鳥学

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android