コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生理食塩液 せいりしょくえんえき physiological salt solution

2件 の用語解説(生理食塩液の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

生理食塩液
せいりしょくえんえき
physiological salt solution

100ml中に塩化ナトリウム 0.85~0.95gを含有する食塩液。無色透明で血清と等張な溶液。人体への水分の補給,毒物の排出促進などの目的で臨床に用いられ,生物学実験にも使われる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生理食塩液
せいりしょくえんえき

塩化ナトリウム9グラムを注射用蒸留水に溶解し、全量を1000ミリリットル(0.9w/v%)とした食塩水溶液をいい、血液代用薬のうちでもっとも組成の簡単な等張液(体液と等浸透圧の溶液)である。細胞外液欠乏時すなわち水分の欠乏時や、ナトリウムイオン、クロルイオンの欠乏時に皮下注射静脈注射、点滴静脈注射で用いられる。そのほか、皮膚、粘膜の洗浄や、含嗽(がんそう)(うがい)、噴霧吸入用として痰(たん)の排出促進などに用いられる。さらに抗生物質その他使用時に溶解して用いる注射剤の溶解液としても繁用されている。[幸保文治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生理食塩液の関連キーワード塩化ナトリウム塩化金酸ナトリウム金塩化ナトリウムナトリウム炎青化ナトリウムコストラチュコヨウ化ナトリウム(沃化ナトリウム)塩化ナトリウム電解法塩化ナトリウム分子

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生理食塩液の関連情報