コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生産期間 せいさんきかん period of production

1件 の用語解説(生産期間の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せいさんきかん【生産期間 period of production】


近代経済学
 生産期間を〈労働の成果が市場にもたらされるまでに経過せざるをえない相対的時間〉と最初に定義したのはD.リカードであるが,この概念を資本理論の中心に据えたのはE.vonベーム・バウェルクであった。彼は迂回生産直接的生産よりもつねに大きな成果を生むとし,生産の迂回化と生産期間の長期化と資本の深化とは同義と考えた。ベーム・バウェルク主として考察したのは,なんらかの本源的生産要素が生産に投じられてから,その成果が消費されるに至るまでの平均的時間としての平均生産期間であり,社会全体についてのこの概念は今日よく用いられる資本・生産比率概念の先駆けをなすと考えられている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

生産期間の関連キーワード近代経済学杉本栄一セーメンガー労働日純粋経済学近経食料経済学大石泰彦根岸隆

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生産期間の関連情報