コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生田川説話 いくたがわせつわ

世界大百科事典 第2版の解説

いくたがわせつわ【生田川説話】

摂津国葦屋の菟原処女(うないおとめ)をめぐる陳奴壮士(ちぬおとこ)と菟原壮士の説話。《日本書紀》巻九に〈活田〉の地名がみえる。《万葉集》(巻九・1801~1803,1809~1811,巻十九・4211~4212)にもうたわれており,古くから広く知られている。《大和物語》147段では,さらに詳しく具体的になり,村上帝の後宮において中宮をはじめ女房たちが障子歌をよむ場や,処女塚(おとめづか)の後日譚がつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報