コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生田鎬 いくた こう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

生田鎬 いくた-こう

1804-1837 江戸時代後期,生田万(よろず)の妻。
文化元年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)館林(たてばやし)藩士の娘。文政7年結婚し,天保(てんぽう)7年越後(えちご)(新潟県)柏崎にうつりすむ。8年6月1日夫が桑名藩領柏崎陣屋を襲撃し(生田万の乱)自刃(じじん)。乱後捕らえられ,翌2日獄中で2児を絞殺し,自害した。34歳。辞世の歌「烈女不更二夫」で知られる。
【格言など】たをやめの数ならぬ身も二筋に迷ひは入らじ背の山の道(辞世)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

生田鎬の関連キーワード生田万(1)生田万

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android