コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生皮(読み)ナマカワ

デジタル大辞泉の解説

なま‐かわ〔‐かは〕【生皮】

なまのままの新しい皮。はいだばかりで、まだ乾燥や加工のしてない皮。「生皮をはぐ」
雁(がん)や鴨(かも)の皮を酢に漬けたもの。煮たてた醤油につけて食べる。
怠けること。ものぐさなこと。また、その人。
「物ぐさの蔵人と召されけるより、世には―の蔵人とも呼ぶ」〈鶉衣蔵人伝〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なまかわ【生皮】

乾かしていない生のままの皮。
がん・鴨かもなどの皮を酢に浸しておき、だしと醬油を煮立てた汁につけて食べる料理。
なまけること。 「世には-の蔵人ともよぶ事になん/鶉衣」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生皮の関連情報