コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生皮 ナマカワ

デジタル大辞泉の解説

なま‐かわ〔‐かは〕【生皮】

なまのままの新しい皮。はいだばかりで、まだ乾燥や加工のしてない皮。「生皮をはぐ」
雁(がん)や鴨(かも)の皮を酢に漬けたもの。煮たてた醤油につけて食べる。
怠けること。ものぐさなこと。また、その人。
「物ぐさの蔵人と召されけるより、世には―の蔵人とも呼ぶ」〈鶉衣蔵人伝〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

なまかわ【生皮】

乾かしていない生のままの皮。
がん・鴨かもなどの皮を酢に浸しておき、だしと醬油を煮立てた汁につけて食べる料理。
なまけること。 「世には-の蔵人ともよぶ事になん/鶉衣」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

生皮の関連キーワードサンルイスポトシ州しし座(獅子座)ホラーサーン州なめし(鞣)マルシュアス染韋(染革)タンニン皮革工芸ホデイダいけにえクロム鞣伸し葺き羊皮紙皮∥革撓め革副蚕糸ベラム鞣す毛皮製革

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生皮の関連情報