コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生老病死 ショウロウビョウシ

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ろう‐びょう‐し〔シヤウラウビヤウ‐〕【生老病死】

仏語。避けることのできないこの世での人間の4種の苦悩まれること、老いること、病気をすること、死ぬこと。四苦

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しょうろうびょうし【生老病死】

〘仏〙 人としてまぬがれられない四つの苦しみ。すなわち生まれること、年をとること、病気をすること、死ぬこと。四苦。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

生老病死の関連キーワード世・井・凄・制・勢・声・姓・婿・征・性・成・掣・政・整・斉・星・晴・棲・正・歳・清・牲・生・盛・省・穽・精・聖・聲・臍・製・西・誓・誠・請・逝・醒・青・靖・静・靜・齊山上憶良(やまのうえのおくら)四苦八苦十二因縁苦しみ病草紙医事法四つ生死四諦五苦仏語

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

生老病死の関連情報