生血(読み)セイケツ

デジタル大辞泉の解説

せい‐けつ【生血】

生きている人間や動物の血。いきち。なまち。

なま‐ち【生血】

新鮮な血。いきち。

のり【生血/血】

まだ乾かない粘りけのある血。血糊(ちのり)。
「疵口を確(しっ)かと抑えてはいるものの、―は溢れて」〈円朝怪談牡丹灯籠

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いき‐ち【生血】

〘名〙 生きている動物の血。なまち。
※浄瑠璃・浦島年代記(1722)一「千歳を経るものの生血(イキチ)を取」

せい‐けつ【生血】

〘名〙 生きている人間や動物の血。いきち。なまち。精血
※浄瑠璃・妹背山婦女庭訓(1771)道行「すこやかなる男子出生、鹿の生血(セイケツ)胎内に入るを以て入鹿と号(なづ)く」

なま‐ち【生血】

〘名〙 (「なまぢ」とも) 生々しい血。生きている動物の血。いきち。鮮血。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉電影「赤い生血(ナマチ)のポタポタ垂れる処が」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android