千歳(読み)センザイ

デジタル大辞泉 「千歳」の意味・読み・例文・類語

せん‐ざい【千歳/千載】

千年。長い年月。ちとせ。「名を―に残す」
(千歳)能の「おきな」で、翁の露払いとして謡い舞う直面ひためんの役。
[類語]千秋千代千歳ちとせ

ち‐とせ【千歳】

千年。せんざい。転じて、長い年月。
[類語]千載せんざい千代千秋

ちとせ【千歳】[地名]

北海道南西部の市。札幌市の南東に位置し、新千歳空港がある。交通の要地。人口9.4万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「千歳」の意味・読み・例文・類語

ちとせ【千歳】

北海道南西部の地名。昭和一〇年(一九三五)金・銀を産する千歳鉱山が操業を開始し、同一四年に旧海軍の航空隊基地が設置されてから急速に発展。新千歳空港は北海道の空の玄関口として全国各地の空港と結ばれ、また、空港地下にはJR線が乗り入れる。昭和三三年市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通 「千歳」の読み・字形・画数・意味

【千歳】せんざい

千年。遠い年月。〔晋書、慕容雲載記〕容氏の世へ、河暴にして、~亂を思ふ十室の(うち)九なり。此れ天、ぼすの時なり。~邀(あ)ひし、千の一時なり。焉(なん)ぞ辭することを得んや。

字通「千」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

改訂新版 世界大百科事典 「千歳」の意味・わかりやすい解説

千歳[市] (ちとせ)

北海道南西部,札幌市の南東にある市。1958年市制。人口9万3604(2010)。市域の西半は支笏(しこつ)湖とそれにつづく台地,中央東寄りは石狩平野南端,東は馬追丘陵からなり,東西に細長い。千歳川が市街地を北流する。開拓は1869年高知藩移民の入植に始まる。明治初期に札幌本道,1926年に鉄道(のちのJR千歳線)が開通し,39年には海軍航空隊基地が設置された。第2次世界大戦後はアメリカ軍の空軍基地となり,57年航空自衛隊基地となる。また61年から民間航空路が開設され,千歳空港は北海道の空の玄関口として重要な役割を果たしたが,86年以降,新千歳空港がそれに代わっている。80年にはJR千歳空港駅(92年の新千歳空港駅開業に伴い南千歳駅と改称)が設置され,81年には石勝(せきしよう)線が開通し,道東への主要幹線となった。南北には道央自動車道,国道36号線,東へは道東自動車道が通じる。1964年道央新産業都市の一部として工業団地が造成され,89年には道央テクノポリスの指定をうけて,電気機器工業を中心に,内陸工業都市として発展している。農業は米作畑作のほか酪農が行われる。千歳周辺は道内でも注目される遺跡が多く,祝梅(しゆくばい)三角山遺跡では先土器時代の道内最古段階の石器を,美々(びび)遺跡では縄文後・晩期の動物形土製品などを出土し,ウサクマイ遺跡では続縄文~擦文時代の蕨手(わらびで)刀と北海道式古墳が発掘された。恵庭岳周辺の原始林,支笏湖など景観にすぐれ,一帯は支笏洞爺国立公園に含まれる。恵庭岳南麓の支笏湖畔に丸駒温泉(硫黄泉,58℃)がある。
執筆者:

千歳 (せんざい)

御神楽(みかぐら)に歌われる神楽歌の曲名。現行の歌詞は本歌〈千歳 千歳 千歳や 千年(ちとせ)の 千歳や〉,末歌〈万歳(まんざい) 万歳 万歳や 万世(よろずよ)の 万歳や〉,本歌〈なほ千歳〉,末歌〈なほ万歳〉。この曲は,前張(さいばり)といわれる民謡風の歌群の最終部に歌われるが,歌というより祝言の呪文のようなもので,《鍋島本神楽歌》《楽章類語鈔》などにはこれの曲名に《千歳法》とあって,下に〈しかさへづる声〉と注記がある。〈さへづる〉は雅楽にいう囀(てん)/(さえずり)(舞楽の途中で漢詩句を朗誦すること)で,これと同様の唱法を用いるとの注記かといわれている。なお江戸末期の注釈書《梁塵後抄》はこの注を,昔は千歳と称する者が出てこの詞を唱え,その後に《早歌(はやうた)》を舞ったのであろうと,能の《式三番(しきさんばん)》との関係を暗示するような説を述べているが確証はない。
執筆者:

千歳 (せんざい)

能の《翁(おきな)》(《式三番》)に登場する役。翁が面をつけるときには脇座にいて両手をつき平伏している。翁の謡のあと〈鳴るは滝の水,鳴るは滝の水,日は照るとも〉と謡いながら立ち上がり,〈たえずとうたり,常にとうたり〉の謡に続いて〈千歳ノ舞〉を舞う。前後2段に分かれ,軽快な足拍子を踏んでのはつらつたる舞事である。千歳の役は《翁》一番の露払いとしての役割をもち,上掛り(かみがかり)(観世,宝生)ではシテ方の演者が勤め,別に狂言方の面箱持(めんばこもち)の役も登場するが,下掛り(しもがかり)(金春,金剛,喜多)では狂言方の演者が千歳を勤め,面箱持をも兼ねる。
執筆者:

千歳(大分) (ちとせ)

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「千歳」の意味・わかりやすい解説

千歳
ちとせ

大分県南西部,豊後大野市北東部の旧村域。大野川の中流域にある。 2005年朝地町,犬飼町,大野町,緒方町,三重町,清川村と合体し,豊後大野市となる。大部分は阿蘇溶岩の丘陵,台地からなり,畑作,畜産,タバコの栽培が行なわれる。大野川とその支流の茜川が浸食してできた沖積地には水田が多い。平尾社の石造宝塔,大迫石仏など,貴重な石造遺物が多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉プラス 「千歳」の解説

千歳〔航空母艦〕

大日本帝国海軍の航空母艦。千歳型空母の1番艦。水上機母艦からの改造空母。1943年改造完了。マリアナ沖海戦に参加。エンガノ岬沖海戦にて沈没(1944年10月)。

千歳〔菓子〕

石川県金沢市、森八が製造・販売する銘菓。求肥で小豆餡を包み紅白の和三盆をまぶしたもの。古くは「千歳鮓(すし)」と呼ばれた。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典・日本の観光資源 「千歳」の解説

千歳

(京都府亀岡市)
美しい日本のむら景観100選」指定の観光名所。

出典 日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」事典・日本の観光資源について 情報

世界大百科事典(旧版)内の千歳の言及

【翁猿楽】より

…5役のうち翁面(《翁》の主役)・三番猿楽(三番叟)・父尉の3老翁による三番の舞が翁猿楽の主体であるために〈式三番〉とも呼ばれたらしいが,これに延命冠者(父尉の応対者)と児(露払役。千歳)とを加えた5人が登場するのが南北朝時代前半までの形であった。猿楽の芸の主体が歌舞劇としての能に移り,翁猿楽の地位が低下した南北朝時代後半には,5人登場する形から露払・翁・三番猿楽の順に3人が舞う(別に面箱持ちが出る)形になっているし,観阿弥が今熊野猿楽で《翁》を舞い,専門役者以外の者の《翁》上演の道を開くなどこの時期には翁猿楽もかなりの変化をとげたようだが,それらを踏まえて上演された世阿弥時代の演出形態が今日のそれとほぼ通ずるものになっているようである。…

【式三番】より

…(3)面箱持の役は三番叟と同じく狂言方から出る。(4)白キ翁の前奏舞を舞う若者は千歳(せんざい)と呼ばれ,下(しも)掛り(金春,金剛,喜多)では狂言方から出て面箱持の役を兼ねる。上(かみ)掛り(観世,宝生)では,面箱持とは別にシテ方から出る。…

※「千歳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android