コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生野幸吉 しょうの こうきち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

生野幸吉 しょうの-こうきち

1924-1991 昭和時代後期の詩人,ドイツ文学者。
大正13年5月13日生まれ。戦後,詩の同人誌「北斗」「糞土」に参加。昭和41年「生野幸吉詩集」で高村光太郎賞。リルケなどの翻訳でも知られる。48年東大教授。平成3年3月31日死去。66歳。東京出身。東大卒。詩集に「飢火」,評論集に「抒情と造型」,小説に「徒刑地」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

生野幸吉の関連キーワードザックス(Nelly Sachs)ふしぎの国のアリスクロプシュトックバッハマン生野 幸吉

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android