コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

生駒聖天 いこましょうてん

3件 の用語解説(生駒聖天の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

いこましょうてん【生駒聖天】

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いこましょうてん【生駒聖天】

生駒山宝山寺奈良県生駒市にある真言律宗大本山都史陀山,般若窟とも称す。生駒山の中腹火丘の突起した岩峰の直下にある。役行者開基,弘法大師修行の所と伝えるが,江戸時代1678‐79年(延宝6‐7)湛海(たんかい)律師が入山するに及んで一大発展をみた。湛海は字名を宝山と号し,現,三重県津市の出身。江戸初期の戒律復興宗学振興の気風をうけて密教を学び,戒律を修め,諸方を遍歴ののち,生駒山般若窟に入り一寺を開いて初め大聖無動寺と号した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

生駒聖天
いこましょうてん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

生駒聖天の関連情報