コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中千弥 たなか せんや

2件 の用語解説(田中千弥の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中千弥 たなか-せんや

1826-1898 江戸後期-明治時代の国学者,神職。
文政9年5月3日生まれ。家は武蔵(むさし)秩父(ちちぶ)郡(埼玉県)下吉田村の椋(むく)神社の社家。富田永世(ながよ)にまなび,明治26年椋神社祠官。慶応2年の打ちこわしや,明治17年の秩父事件の模様を詳細に記録(「秩父暴動雑録」)した「田中千弥日記」がある。明治31年11月30日死去。73歳。名は義村。号は菅廼家,椋蔭。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

田中千弥

没年:明治31.11.30(1898)
生年:文政9.5.3(1826.6.8)
明治期の神官。武蔵国秩父郡(埼玉県)下吉田村生まれ。明治7(1874)年教導職試補となり,教導職訓導,貴布禰神社社務などを経て,26年には椋神社社司兼貴布禰神社社掌となった。和歌,詩文などに優れ,特に嘉永3(1850)年から明治31年まで49年間にわたり丹念に綴った日記,秩父事件(1884)の直接の見聞を編述した「秩父暴動雑録」などの諸記録は,秩父地方史ならびに秩父事件研究の基礎史料として貴重である。<著作>『田中千弥日記』

(寺崎修)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田中千弥の関連キーワード田代栄助畠山重保武甲山秩父新井周三郎飯塚森蔵落合寅市加藤織平堀口森蔵秩父志ら藤

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone