田中嘉三(読み)たなか かぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus 「田中嘉三」の解説

田中嘉三 たなか-かぞう

1909-1967 昭和時代の日本画家。
明治42年3月2日生まれ。木村武山,奥村土牛師事。昭和12年院展初入選。23年「一字金輪仏」で院展首席受賞し,翌年日本美術院院友。花鳥,人物,仏画,歴史画などをえがいた。昭和42年8月17日死去。58歳。茨城県出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android