コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中孫七 たなか まごしち

1件 の用語解説(田中孫七の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中孫七 たなか-まごしち

1774-1857 江戸時代後期の殖産家。
安永3年生まれ。武蔵(むさし)大森(東京都)の海苔(のり)養殖業者。文政2年駿河(するが)(静岡県)江尻の旅籠(はたご)で三保海苔をたべた幕府役人の仲介で三保村にまねかれる。同地の遠藤兵蔵らを指導し,9年そだ法による海苔の養殖に成功。天保(てんぽう)年間には清水,江尻にも海苔養殖がひろまった。安政4年死去。84歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

田中孫七の関連キーワード東太郎兵衛上田春荘金田六左衛門川上右仲小林国広杉本武助壺井六五郎南喜惣治山崎儀兵衛山田与五郎

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone