コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中瑳磨介 たなか さまのすけ

1件 の用語解説(田中瑳磨介の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中瑳磨介 たなか-さまのすけ

1845-1862 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
弘化(こうか)2年3月生まれ。田中河内介(かわちのすけ)の長男。仁和寺宮(にんなじのみや),妙法院宮につかえる。文久2年京都伏見の寺田屋事件のさい父とともに捕らえられ,鹿児島に護送される途中,同年5月1日船中で殺害された。18歳。名は嘉猷。号は東郊。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田中瑳磨介の関連キーワードスタング(父子)サイゴン条約黒住教後藤三右衛門(2代)タイラージュール赤木忠春稲葉正巳大谷嘉兵衛ケズウィック

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone