コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中芳男 たなか よしお

6件 の用語解説(田中芳男の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中芳男 たなか-よしお

1838-1916 幕末-明治時代の博物学者,官僚。
天保(てんぽう)9年8月9日生まれ。田中義廉(よしかど)の兄。伊藤圭介(けいすけ)に師事。蕃書調所(ばんしょしらべしょ)にはいり,慶応3年パリ万国博覧会に参加。維新後は文部省,内務省,農商務省で博覧会開催や博物館の建設,殖産興業につくす。駒場農学校の創立,大日本水産会,大日本農会の設立などにも貢献。貴族院議員。大正5年6月22日死去。79歳。信濃(しなの)(長野県)出身。著作に「有用植物図説」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

百科事典マイペディアの解説

田中芳男【たなかよしお】

幕末から明治期の植物学者。信州飯田の生れ。伊藤圭介に師事して蘭学・本草学を学ぶ。1862年蕃所調所(ばんしょしらべどころ)に出仕,1866年パリの万国博覧会に出品のため渡仏。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

朝日日本歴史人物事典の解説

田中芳男

没年:大正5.6.22(1916)
生年:天保9.8.9(1838.9.27)
幕末明治期の博物学者,農務官僚。幼名芳介。信濃国飯田(飯田市)の医者田中如水,津真子の3男。伊藤圭介に入門,医学,博物学を学ぶ。文久2(1862)年蕃書調所物産学出役,慶応3(1867)年パリの万国博覧会に幕命により自ら作成した昆虫標本50箱余を携えて参加。明治1(1868)年開成所御用掛,舎密局設立に当たる。このとき舎密局を博物館とすることを建議するも実現せず,上野の博物館,動物園設立に尽力。内国勧業博覧会審査官,オーストリア,アメリカなど万国博覧会事務官を歴任,殖産興業に力を尽くす。14年農商務省農務局長,博物局兼勤。大日本農会,山林会,水産会の創設に貢献。東京学士会院会員,貴族院議員,男爵。<著作>『垤甘度爾列氏植物自然分科表』『泰西訓蒙図解』『動物学初篇哺乳類』『動物訓蒙初篇哺乳類』『有用植物図説』<参考文献>みやじましげる田中芳男伝』

(佐藤達策)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たなかよしお【田中芳男】

1838‐1916(天保9‐大正5)
幕末・明治期の植物学者。信州飯田の出身。文明開化期,教育・殖産の発展に貢献。医師の三男として生まれ,1856年伊藤圭介に師事して医学・博物学を学ぶ。62年蕃書調所(ばんしよしらべしよ)に出仕後,66年パリでの万国博覧会に出品のため渡仏。明治新政府でも,ウィーンフィラデルフィアの万国博覧会に派遣され,新知識を吸収した。駒場農学校(1878年創立,東大農学部の前身)や上野の山に博物館,動物園を創設,また公園を作るほか,セイヨウリンゴや田中ビワ(枇杷)を広めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たなかよしお【田中芳男】

1838~1916) 明治前期の博物学者。信州飯田の人。伊藤圭介の弟子。文部省博物局にあって博覧会・博物館の開催・開設など産業技術や理科教育に尽力。著「有用植物図説」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

田中芳男
たなかよしお
(1838―1916)

殖産功労者。長野県飯田(いいだ)の生まれ。1851年(嘉永4)名古屋に出て、伊藤圭介(けいすけ)に師事し、蘭学(らんがく)、本草(ほんぞう)学を学び、1861年(文久1)師とともに江戸に移り、翌年、蕃書調所(ばんしょしらべしょ)に採用された。1866年(慶応2)自ら採集した昆虫標本56箱を持参して、パリの万国博覧会に参加、約10か月パリに滞在して各地の博物館などを視察して帰国、開成所を経て文部省博物局に出仕、ここを本拠として博物館の開設、博覧会の開催を推進指導し、また、リンネ、ド・カンドルの分類学の紹介、『動物学』の編訳など、大学創立前の西欧生物学の導入、普及に寄与した。1898年(明治31)には植物病理研究所の設立を建議した。[佐藤七郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の田中芳男の言及

【上野動物園】より

…4年後宮内省に移管されたが面積は1ha,飼育動物は400点ほどの小規模なものであった。近代化のための文化施設として博物館や動物園が設立されるにあたっては幕末の遣欧使節団に加わった武士たち,なかでも田中芳男らの力に負うところが多い。田中はヨーロッパ各地の動物園を視察しているが,わけてもパリのジャルダン・デ・プラントのメナジュリーménagerie(動物飼育展示場)から多くを学んだと思われる。…

【ビワ(枇杷)】より

…この品種は在来のビワに比べて果実が大きく品質がよいため,明治の初期以降しだいに近隣に普及し,長崎県茂木地方で栽培が盛んになり,同地方は現在でも茂木ビワの特産地となっている。一方,茂木と並び称される大果品種の田中は1879年に田中芳男が長崎から種子を東京にもち帰って播種(はしゆ)し,その実生中から選抜,育成したものである。これも,もとは中国系のビワである。…

※「田中芳男」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

田中芳男の関連キーワードアルドロバンディ農務博物アールブルク青山景通飯塚啓小野職愨《アマゾン河の博物学者》内務官僚《ラ・プラタの博物学者》

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

田中芳男の関連情報