田園の奏楽

デジタル大辞泉プラス「田園の奏楽」の解説

田園の奏楽

イタリアルネサンスの画家ティツィアーノ絵画(1511)。原題《Concerto campestre》。『田園の合奏』とも呼ばれる。長らく同じベネチア派の画家ジョルジョーネの作とされていた。のちにエドゥアール・マネの『草上の昼食』に影響を与えたことで知られる。パリ、ルーヴル美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉「田園の奏楽」の解説

でんえんのそうがく〔デンヱンのソウガク〕【田園の奏楽】

《原題、〈イタリア〉Concerto campestreティツィアーノの絵画。カンバス油彩。縦105センチ、横137センチ。長らく同じベネチア派の画家ジョルジョーネの作とされた。のちにマネの「草上の昼食」に影響を与えたことで知られる。パリ、ルーブル美術館所蔵。田園合奏

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android