コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田島錦治 たじま きんじ

2件 の用語解説(田島錦治の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田島錦治 たじま-きんじ

1867-1934 明治-昭和時代前期の経済学者。
慶応3年9月7日生まれ。明治29年社会政策学会創立に参加。ドイツに留学し,33年京都帝大教授,昭和2年立命館大学長。晩年,社会主義経済学と対立する経済原論を講義した。昭和9年6月28日死去。68歳。江戸出身。帝国大学卒。著作に「近世社会主義論」「日本現時之社会問題」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

田島錦治

没年:昭和9.6.28(1934)
生年:慶応3.9.7(1867.10.4)
近代日本への経済学導入期に所得の公正な分配を主張し,市場経済と儒教的道徳の調和を説いた明治大正期の先駆的経済学者。東京牛込区赤城元町(東京都新宿区)に生まれる。赤城と号す。一高から帝大法科大政治学科卒。金井延 の指導を受ける。欧米留学後,明治33(1900)年京都帝国大学法科大学教授,経済学第1講座(経済理論),財政学講座を担当。経済学部の分離独立に伴い大正8(1919)年初代学部長。東京商科大学(一橋大学)からの学生受け入れ,河上肇の招聘など自由で多様な学風を確立した。退職後,昭和2(1927)年立命館大学総長。経済・商学部門の拡充を進め,滝川事件(1933)で京大を退職した末川博ら教授陣を受け入れた。酒豪,弓道,シジウィックの翻訳で有名。帝国学士院会員。<著作>『東洋経済学史

(池上惇)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田島錦治の関連キーワードクズネッツ厚生経済学雑所得杉本栄一内田義彦純粋経済学食料経済学小宮隆太郎関根友彦根岸隆

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone