コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田村育蔵 たむら いくぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田村育蔵 たむら-いくぞう

1836-1864 幕末の尊攘(そんじょう)運動家。
天保(てんぽう)7年3月生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩家老益田氏の臣。青木周弼(しゅうすけ)に医術をまなび,江戸にでて伊東玄朴(げんぼく)の門にはいり塾頭となる。久坂玄瑞(くさか-げんずい)らとまじわり,禁門の変に敗れ元治(げんじ)元年7月19日鷹司(たかつかさ)邸内で自害。29歳。本姓は山本。名は直道。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

田村育蔵の関連キーワードワーグナー(Wilhelm Richard Wagner)元治ビュヒナー(Karl Georg Büchner)女医C. ロンブローゾエンゲルス郡内騒動天保の飢饉タルカットニコライ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android