コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

直播 じかまき

4件 の用語解説(直播の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

直播
じかまき

「直播 (じきまき)」のページをご覧ください。

直播
じきまき

「じかまき」ともいう。作物を栽培する際,初めから本圃に播種する方法。一般に労力の節約を目的として穀作,造林に多く採用されている。元来は移植法で栽培するものでも,植えいたみの強いとき,移植によって生育に頓挫をきたし,その回復に長い時間がかかり,栽培上不利な場合などに行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょくはん【直播】

( 名 ) スル
じかまき(直播) 」に同じ。 「 -栽培」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の直播の言及

【直播き】より

…種子をまく時期が発芽・生育にとって条件のよい時期であり,幼植物を保護する必要のない作物,例えばムギ類,マメ類,ジャガイモなどの場合には直まきを行い,種子をまく時期が早春の気温の低い時期などに当たり,幼植物を低温や風雨から保護する必要のある作物,例えば水稲,果菜類,サツマイモ,タバコなどの場合には移植を行う。移植栽培はある程度大きくなった苗を用いるので,雑草との競争にも有利であるが,直播(ちよくはん)栽培より多くの労力を要する。とくに水稲の場合には移植時に労力が集中的に必要となり,労働の軽減が大きな問題であった。…

※「直播」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

直播の関連情報