田辺 潔(読み)タナベ キヨシ

20世紀日本人名事典の解説

田辺 潔
タナベ キヨシ

大正・昭和期の労働運動家



生年
明治36(1903)年1月2日

没年
昭和8(1933)年2月14日(発見)

出生地
北海道釧路市浦見町

学歴〔年〕
神奈川県立一中中退

経歴
中学3年の時結核になり帰郷、腺病質を自然療法で克服。社会運動に身を投じ職場を転々。昭和2年横浜市電信号手になるが、3年解雇。新労農党に入り、横浜合同労組に加盟。5年10月富士紡績川崎工場で378人の解雇をめぐって40数日のストライキが発生したが、争議応援にかけつけ、11月16日40メートルの大煙突の上に登り、赤旗を振って演説、会社側の煙攻め、水攻めに耐え滞空5日間。21日天皇お召列車が煙突の下を通るということで、会社側も折れて争議解決。これにより“煙突男”第1号となり、堺利彦が“階級闘争即興詩人”と賛えたことで知られる。家宅侵入罪で逮捕・起訴され、6年2月懲役3年、執行猶予3年の判決。以後、全協横浜合同労組、ソヴェート友の会、借家人組合で活躍。7年末に行方不明になり、8年2月14日横浜山下橋下で死体となって発見された。絞殺痕があったが警察は溺死と発表した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android