コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田辺茂啓 たなべ もけい

2件 の用語解説(田辺茂啓の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田辺茂啓 たなべ-もけい

1688-1768 江戸時代中期の郷土史家。
元禄(げんろく)元年生まれ。向井元成(げんせい)の門人で,長崎聖堂の書記役。30年の歳月をかけ独力で「長崎実録大成」を宝暦10年に完成,明和元年長崎奉行菅沼定秀に献じた。以後も4年まで執筆をつづけ,のち「長崎志正編」(16巻)と名づけられた。明和5年1月30日死去。81歳。通称は八右衛門。号は功山。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

田辺茂啓

没年:明和5.1.30(1768.3.18)
生年:元禄1(1688)
江戸中期の長崎地役人。通称八右衛門。功山と号す。享保6(1721)年御用向并御書物役に任ぜられる。明和1(1764)年30年の歳月をかけて編纂した『長崎実録大成』を長崎奉行所に献上した。『長崎実録大成』は天領貿易都市長崎の政治,経済,文化,社会を詳しく述べたもので,長崎地役人という立場を利用して収集した資料を基にしている。同書はさらに茂啓本人によって明和4年分まで書きつがれ,『長崎志正編』全16巻となったが,その後別人の手で『長崎志続編』全13巻が書きつがれた。

(武野要子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田辺茂啓の関連キーワード西嶋木旦地役人高木作右衛門(初代)高木作右衛門(7代)高木作右衛門(8代)高木作右衛門(9代)高木作右衛門(10代)高木作右衛門(11代)中村八右衛門(2代)半鐘八右衛門

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone