田鷸(読み)タシギ

大辞林 第三版の解説

たしぎ【田鷸】

チドリ目シギ科の鳥。全長27センチメートルほどで、長くまっすぐなくちばしを持つ。全体が黒褐色で、黄色の斑紋がある。日本には冬鳥あるいは旅鳥として水田・湿地などに渡来。暖地では越冬するものもある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

た‐しぎ【田鷸】

〘名〙 シギ科の鳥。全長約二七センチメートルの中形のシギ。背面は褐色で、黒い横斑がある。頭部は黒く、淡色の数条の縦線が走る。細長いくちばしを泥の中にさしこみ、ミミズ・昆虫などを捜して食べる。北半球北部で繁殖し、日本には旅鳥として春秋に各地の水田・沼などに来るが、越冬するものもある。《・秋》 〔俳諧・毛吹草(1638)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android