コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由利滴水 ゆり てきすい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

由利滴水 ゆり-てきすい

1822-1899 幕末-明治時代の僧。
文政5年4月8日生まれ。臨済(りんざい)宗。備前岡山曹源寺の儀山善来,京都要行院の義堂昌碩(しょうせき)にまなび,文久3年(1863)天竜寺西堂となる。明治4年天竜寺派管長。幕末に焼失した同寺の再建につとめた。29年再度管長に就任。明治32年1月20日死去。78歳。丹波何鹿(いかるが)郡(京都府)出身。本姓は上田。法名宜牧(ぎぼく)。姓は由理ともかく。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

由利滴水の関連キーワード天田愚庵明治時代

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android