コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由利滴水 ゆり てきすい

1件 の用語解説(由利滴水の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

由利滴水 ゆり-てきすい

1822-1899 幕末-明治時代の僧。
文政5年4月8日生まれ。臨済(りんざい)宗。備前岡山曹源寺儀山善来,京都要行院の義堂昌碩(しょうせき)にまなび,文久3年(1863)天竜寺西堂となる。明治4年天竜寺派管長。幕末に焼失した同寺の再建につとめた。29年再度管長に就任。明治32年1月20日死去。78歳。丹波何鹿(いかるが)郡(京都府)出身。本姓は上田。法名は宜牧(ぎぼく)。姓は由理ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

由利滴水の関連キーワード槐安新井乙瓢加藤宗舞賀陽済尊純藤田広見細谷松茂堀親広山内林斎横川好

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone