コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

儀山善来 ぎさん ぜんらい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

儀山善来 ぎさん-ぜんらい

1802-1878 江戸後期-明治時代の僧。
享和2年生まれ。備前(岡山県)の臨済宗(りんざいしゅう)曹源寺の太元孜元(たいげん-しげん)に師事し,その法をつぐ。京都妙心寺,和泉(いずみ)(大阪府)南宗寺の住持をへて曹源寺にかえった。明治11年3月28日死去。77歳。若狭(わかさ)(福井県)出身。著作に「儀山和尚語録」。俗姓は後。諡号(しごう)は仏国興盛禅師。
【格言など】生死を去来するに 千村万界なり 端的を見んと要すれば 水月空華なり(遺偈(ゆいげ))

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

儀山善来の関連キーワード由利滴水今北洪川中原東岳越渓守謙曹源寺

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android