コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

由良岬 ユラノハナ

日本の地名がわかる事典の解説

〔愛媛県〕由良岬(ゆらのはな)


愛媛県南西部、由良半島先端の岬。足摺宇和海(あしずりうわかい)国立公園に属する。由良岬灯台が建つ。周辺の宇和海は真珠養殖の筏(いかだ)が浮かぶ。黒潮に洗われて各所に海食崖(かいしょくがい)・海食洞も発達し、磯釣(いそづ)りの好適地でもある。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

由良岬
ゆらのはな

愛媛県南西部にある岬。豊後(ぶんご)水道南部の由良沖に突き出た約13キロメートルの由良半島の先端部で、半島の北側および西側半分は宇和島市津島町に、南側および東側半分は愛南(あいなん)町内海(うちうみ)地区に属す。付近の地質は四万十(しまんと)層群の砂岩・頁(けつ)岩の互層からなり、波食の選択侵食で複雑な海岸線を呈し、大規模な海食崖(がい)、海食洞がみられる。岬には石灰質頁岩の節理に沿って奥行120メートルの海食洞「海老(えび)洞」がある。また、崖上には旧日本海軍の由良砲台跡が残されている。野猿も生息し、足摺(あしずり)宇和海国立公園域。[深石一夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例