足摺(読み)あしずり

世界大百科事典 第2版の解説

あしずり【足摺】

平曲曲名。平物(ひらもの)。フシ物。平氏政権転覆の謀議の罪で鬼界ヶ島に流されたのは,俊寛僧都・丹波少将成経・平判官(へいはんがん)康頼の3人だった。清盛の娘の中宮が懐妊し,安産祈願特赦で使いが島に赴く。だが赦免状に自分一人の名だけがないと知り,俊寛は夢かとばかり嘆き悲しむ(〈三重(さんじゆう)〉)。すでに舟は島を離れ,俊寛は浜辺足摺りをして乗船をせがむ。遠ざかる舟影を求め,俊寛は高所に登って見送るが(〈三重〉),とうとうそこで夜を明かしてしまった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あし‐ずり【足摺】

〘名〙
① 足を地にすりつけるようにじだんだを踏むこと。嘆いたり、怒ったりする時の動作にいう。
万葉(8C後)九・一七四〇「立ち走り 叫び袖振り 返側(こいまろ)び 足受利(あしズリ)しつつ」
源氏(1001‐14頃)蜻蛉「あしずりといふ事をして泣くさま、若き子供のやうなり」
② 足がもつれること。
※観智院本名義抄(1241)「跎 タフル マロフ タカヒニ ヒサマツク アシスリ」
[語誌]「あしずり」の動作の実態については一般に「じだんだ」と解されている。これに対して、倒れた状態で泣きながら足をこすり合わせる、子供などの動作を表わすという説がある。また、「あしずり」の「摺」の動作に着目し、足と足とを摺り合わせたり、足を地面などに摺り合わせ、こいまろぶ動作や倒れ伏す動作を表わすとする見方もある。

あし‐ず・る【足摺】

〘自ラ四〙 (「あしする」とも)
① 足を地にすりつけるようにしてばたばたする。じだんだを踏む。嘆きや怒りのはげしい時にする動作。
※万葉(8C後)五・九〇四「立ち踊り 足須里(あしスリ)叫び 伏し仰ぎ 胸うち嘆き」
② ためらって進むことができない。つまずく。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

足摺の関連情報