由阿(読み)ゆうあ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

由阿 ゆうあ

1291-? 鎌倉-南北朝時代の歌学者。
正応(しょうおう)4年生まれ。時の他阿上人(たあしょうにん)真教の弟子。相模(さがみ)(神奈川県)清浄光(しょうじょうこう)寺(遊行(ゆぎょう)寺)にすむ。貞治(じょうじ)5=正平(しょうへい)21年二条良基(よしもと)に注釈書「詞林采葉抄」を献じ,「万葉集」を講義した。応安7=文中3年84歳で「青葉丹花抄」をあらわす。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

由阿の関連情報