甲子正宗(きのえねまさむね)

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

きのえねまさむね【甲子正宗】

千葉の日本酒。酒名は、十干十二支の最初である甲子に、一番優れた酒であるようにとの願いを込めて命名大吟醸酒純米大吟醸酒純米吟醸酒吟醸酒純米酒本醸造酒などがある。平成3、4、14、16、21、23年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は美山錦山田錦、総の、五百万石など。仕込み水は「酒々井(しすい)の水」。蔵元の「飯沼本家」は元禄年間(1688~1704)創業。所在地は印旛郡酒々井町馬橋。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android