コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲斐の開運

2件 の用語解説(甲斐の開運の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

甲斐の開運

山梨県、井出醸造店の製造する日本酒。平成22酒造年度の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。

出典|小学館
デジタル大辞泉プラスについて | 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

かいのかいうん【甲斐の開運】

山梨の日本酒。酒名は、創業の時期に皇女・和宮の降嫁があり、これにちなみ「開運」と命名。その後「開運正宗」と改称し昭和60年(1985)から現酒名。大吟醸酒、吟醸酒、純米酒、本醸造酒、普通酒などをラインナップ味わいは辛口。平成14、22年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦、美山錦、玉栄など。仕込み水富士山の伏流水。蔵元の「井出醸造店」は江戸末期(1850年ごろ)創業。所在地は南都留郡富士河口湖町船津。

出典|講談社
[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

甲斐の開運の関連情報