申告分離課税(読み)しんこくぶんりかぜい

大辞林 第三版の解説

しんこくぶんりかぜい【申告分離課税】

他の所得と合算せず分離して税額を計算し、確定申告により納付する税。 → 源泉分離課税

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

投資信託の用語集の解説

申告分離課税


分離課税で、かつ納税者が申告をする方式のこと。日本の税制の原則は総合課税であるが、所得の性質等の違いから、譲渡所得等一定の所得については総合課税とは切り離し(分離し)て税金を計算し申告納税する仕組み。同じ分離課税でも源泉徴収で完結する源泉分離課税と違い、申告分離課税は確定申告をした上で納税する仕組みとなっている。

出典 (社)投資信託協会投資信託の用語集について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android