申告分離課税(読み)しんこくぶんりかぜい

大辞林 第三版の解説

しんこくぶんりかぜい【申告分離課税】

他の所得と合算せず分離して税額を計算し、確定申告により納付する税。 → 源泉分離課税

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

投資信託の用語集の解説

申告分離課税


分離課税で、かつ納税者が申告をする方式のこと。日本の税制の原則は総合課税であるが、所得の性質等の違いから、譲渡所得等一定の所得については総合課税とは切り離し(分離し)て税金を計算し申告納税する仕組み。同じ分離課税でも源泉徴収で完結する源泉分離課税と違い、申告分離課税は確定申告をした上で納税する仕組みとなっている。

出典 (社)投資信託協会投資信託の用語集について 情報

今日のキーワード

ボヘミアン・ラプソディ(映画)

イギリス・米国の伝記映画。イギリスの人気ロックバンド・クイーンと、そのボーカルで1991年に45歳で死去したフレディ・マーキュリーの半生を描く。タイトルは同バンドが75年に発表したフレディ作の楽曲と同...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android