コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

申告納税方式 しんこくのうぜいほうしき

大辞林 第三版の解説

しんこくのうぜいほうしき【申告納税方式】

納税者本人が自分の責任で納税額を計算し、申告する方式。所得税・相続税・法人税・消費税、法人の住民税と事業税などはこの方式による。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の申告納税方式の言及

【申告納税】より

… 納付すべき税額の確定に特別の手続を必要とする租税は,さらに,その方式により2種に大別される。すなわち,申告納税方式(地方税では申告納付という)と賦課課税方式(地方税では普通徴収という)である。これらの2種の方式の違いは,税額の確定を第一次的に行うのが,納税者であるのか,租税行政庁(たとえば,税務署長)であるのかの違いである。…

※「申告納税方式」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

申告納税方式の関連キーワード国税通則法申告納税賦課課税加算税印紙税事業税消費税住民税所得税相続税法人税方式督促

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android