コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

申(し)沙汰 モウシサタ

1件 の用語解説(申(し)沙汰の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

もうし‐さた〔まうし‐〕【申(し)沙汰】

申しのべること。また、弁論すること。
「此の事勝れて―したりける粟飯原下総守清胤、俄に心替はりして」〈太平記・二七〉
うわさをすること。評判。取り沙汰。
「定めて御出家もやと、―しける程に」〈盛衰記・三〉
事柄を処理すること。取り計らうこと。
「功あらん者には、則ち恩賞を―すべき由返答して」〈太平記・六〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

申(し)沙汰の関連キーワード謹白啓白言上述懐申し出で差伸べる申述べる物申しリノベート