申(し)沙汰(読み)モウシサタ

デジタル大辞泉の解説

もうし‐さた〔まうし‐〕【申(し)沙汰】

申しのべること。また、弁論すること。
「此の事勝れて―したりける粟飯原下総守清胤、俄に心替はりして」〈太平記・二七〉
うわさをすること。評判。取り沙汰。
「定めて御出家もやと、―しける程に」〈盛衰記・三〉
事柄を処理すること。取り計らうこと。
「功あらん者には、則ち恩賞を―すべき由返答して」〈太平記・六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

もうし‐さた まうし‥【申沙汰】

〘名〙
理非を論じて趣意を申しのべること。また、弁論すること。
※今昔(1120頃か)三一「山階寺の方に指(させ)る申し沙汰する人无かりけるに依て、其の御裁許不切(ねむごろなら)ざりければ」
② 特に訴訟の事務手続きを進行すること。裁判所が裁決を下すこと。判決をいいわたすこと。
※吾妻鏡‐元暦元年(1184)一〇月二〇日「諸人訴論対決事、相具俊兼、盛時、且召決之、且令其詞、可申沙汰之由、被大夫属入道善信
③ 事柄を処理すること。とりはからうこと。
※小島のくちずさみ(1353)「鳳輦の帷子を腰輿に渡して懸けたりしぞ、初めたる事なれど、かくもありぬべき事なる。田舎の民どもさながら見参らせんも忝き事なれば、かやうに申ざたし侍りし也」
④ うわさをすること。評判。取り沙汰。
※右京大夫集(13C前)「人のうれへ申しことのあるをさるべきひとの申さたするをきけば」
⑤ 酒宴や歌舞の宴などを開くこと。
※看聞御記‐応永二三年(1416)二月二九日「今日有御覧、室町殿申沙汰、殊厳重之儀也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android