コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鳳輦 ホウレン

大辞林 第三版の解説

ほうれん【鳳輦】

屋形の上に金銅の鳳凰ほうおうを飾りつけた輿こし。土台に二本の轅ながえを通し、肩でかつぐ。天皇専用の乗り物で、即位・大嘗会だいじようえ・御禊ごけい・朝覲ちようきん・節会せちえなど、晴れの儀式の行幸に用いた。鸞輿らんよ。鳳輿ほうよ
天皇の乗り物の総称。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鳳輦
ほうれん

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の鳳輦の言及

【輿】より

…武家は公家とは反対に車を用いないで輿を用い,室町時代には家格の高い者に将軍が輿を用いることを特許する制度が生じた。天皇が朝覲行幸,即位等に用いる鳳輦(ほうれん)が最も格が高く,次いで天皇が尋常の行幸に用いる葱花輦(そうかれん)以下,腰輿(たごし),小輿,網代(あじろ)輿,板輿,張輿,四方輿,塗輿等の種類がある。腰輿は上皇,王臣,高僧が用い,網代輿は親王,摂関,清華家の者が用いたが,室町時代以降は家格の高い武家も網代輿をおもに用いた。…

【神輿】より

…奈良時代の749年(天平勝宝1),東大寺大仏建立に際して上京した,宇佐八幡神の紫色の輿が記録上の初見である。神輿の原型は諸説あり確定していないが,天皇の乗物の鳳輦(ほうれん)との比較検討も必要であろう。種類は多様であるが,基本的には台,胴,屋根からなり,台に2本の棒を貫く。…

※「鳳輦」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

鳳輦の関連キーワード裲襠(りょうとう)深川八幡祭り御綱の次官木梨精一郎長田神社駕輿丁座石清水祭時代祭山王祭天神祭管絃祭先帝祭深川祭神田祭鳳凰屋形朝覲即位米座総称

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鳳輦の関連情報