コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

男信 なましな

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

男信
なましな

東条義門の著。全3巻。文化5 (1808) 年の初稿を改訂し,天保6 (35) 年成立。同 13 (42) 年刊。漢字音の研究書。ンで終っている漢字に古くは-mと-nの発音の区別があったことを豊富な用例で示した書。題は上野国 (群馬県) 利根郡にある地名からとったもの。「男」も「信」も当時ともにンで終っていた (ナン,シン) が,古くさかのぼるとそれぞれ-m,-nで区別があり,片やマ (ナマ) ・バ行音に,片やナ (シナ) ・ラ行音に転用されているのはその区別の反映であるとする。これによって本居宣長の説を修正発展させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

なましな【男信】

江戸後期の語学書。3巻。東条義門著。天保13年(1842)刊。漢字音の韻尾にn音とm音の区別があり、それが日本の古い地名表記などに示されていることを考証したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

なましな【男信】

語学書。三巻。東条義門著。1842年刊。漢字音の唇内韻尾 [m] と舌内韻尾 [n] の別を説く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

男信の関連キーワード賤ヶ岳の戦い・賎ヶ嶽の戦い徳川忠長とお昌東久邇 成子賤ヶ岳の戦い本能寺の変小野宗鑑尼稲毛 多喜真田昌幸岡田善同金春八条近衛信尹本多忠政小泉信吉安藤信尹北畠具教平岩親吉水無瀬家神戸具盛寿窓元貞根本義知

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android