コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東条義門 とうじょう ぎもん

8件 の用語解説(東条義門の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

東条義門

国語学者。若狭小浜妙玄寺住職。太田全斎に音韻を藤井高尚本居春庭に語格を学び一家を成す。著書に『山口栞』『活語指南』等がある。天保14年(1843)寂、58才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

とうじょう‐ぎもん〔トウデウ‐〕【東条義門】

[1786~1843]江戸後期の国学者。若狭の人。用言の活用や「てにをは」などの研究に貢献。著「山口栞」「活語指南」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

東条義門【とうじょうぎもん】

江戸末期の浄土真宗僧侶,国語学者。法名は霊伝(れいでん),義門は通称。若狭(わかさ)国小浜(おばま)の人。独学で国語学を研究し,用言の活用,品詞分類,音韻の研究に業績が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東条義門 とうじょう-ぎもん

1786-1843 江戸時代後期の僧,国語学者。
天明6年7月7日生まれ。若狭(わかさ)(福井県)の真宗大谷派妙玄寺住職。藤井高尚(たかなお)に歌文をまなび,本居宣長(もとおり-のりなが)・春庭(はるにわ)の国語学を独学。真宗聖典の正確な解釈につとめる。用言の活用や音韻の研究でも業績をのこした。天保(てんぽう)14年8月15日死去。58歳。法名は霊伝。号は白雪楼。著作に「奈万之奈」「真宗聖教和語説」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

とうじょうぎもん【東条義門】

1786‐1843(天明6‐天保14)
江戸時代の国語学者。若狭国小浜(現,福井県小浜市)の妙玄寺(浄土真宗)に生まれる。法名は霊伝,義門は通称である。幼時から聡明で学を好み,京都の高倉学寮に遊学し,また藤井高尚(たかなお)に歌文を学び,23歳で妙玄寺の住職となった。国語学は本居宣長・春庭の影響を受け,これを継承発展させた。国語学に関する業績はきわめて多く,音韻には漢字音を研究した《男信(なましな)》,オ・ヲの研究をした《於乎軽重義(おおきようじゆうぎ)》があり,活用の研究に《友鏡》《真宗聖教和語説》《活語指南》,〈てにをは〉の研究に《玉緒繰分(たまのおくりわけ)》,形容詞研究に《山口栞(やまぐちのしおり)》があるが,特に活用研究は優れている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

とうじょうぎもん【東条義門】

1786~1843) 語学者。真宗の僧。若狭の人。「てにをは」、品詞分類・音韻・活用などの研究面で本居宣長らの研究を継承・発展させた。著「友鏡」「和語説略図」「山口栞」「活語指南」「玉緒繰分たまのおくりわけ」「男信なましな」「於乎軽重義おおきようじゆうぎ」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

東条義門
とうじょうぎもん

[生]天明6(1786).7.7. 若狭
[没]天保14(1843).8.15. 若狭
江戸時代後期の国学者。真宗東本願寺の僧。独学で国語を研究し,本居宣長本居春庭の学説を受けて発展させた。特に『和語説略図 (わごせつのりゃくず) 』 (1833) ,『山口栞 (やまぐちのしおり) 』 (36) ,『活語指南 (かつごしなん) 』 (44) などで用言の活用の研究を集大成した業績は大きい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東条義門
とうじょうぎもん
(1786―1843)

国語学者、真宗大谷派の僧。天明(てんめい)6年7月7日若狭(わかさ)国小浜(おばま)(福井県小浜市)の妙玄寺の住職伝瑞(でんずい)の三男として生まれる。一時田辺の願蔵寺の養子となったが、1807年(文化4)兄実伝(じつでん)が没したので妙玄寺の住職となる。教学を高倉学寮に学び、歌文を藤井高尚(たかなお)に学んだ。とくに本居宣長(もとおりのりなが)・春庭(はるにわ)の国語の研究に関心をもち、精細な論証を行い、その補訂に努めた。その著『友鏡』は宣長の『てにをは紐鏡(ひもかがみ)』を補正した図表で、のち改めて『和語説略図』とし、『活語指南』で説明を加えた。形容詞も含め、用言の六活用形に名称を与えている。また『男信(なましな)』では、漢字音の韻尾にn音とm音の区別があり、それが日本の古い地名表記などに示されていることを考証して宣長の見解を訂正し、『山口栞(やまぐちのしおり)』では古語の活用の仕方の従来の判断を正した。天保(てんぽう)14年8月15日没。[古田東朔]
『吉沢博士還暦記念会編『義門全集 上』(1943・帝国教育会) ▽三木幸信編『義門研究資料集成』上中下(1966~68・風間書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

東条義門の関連キーワード酒井貞月義門法雲福井若狭おばま福井県小浜市遠敷福井県小浜市福井県小浜市鯉川福井県小浜市国分福井県小浜市若狭

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone