町村の組合(読み)ちょうそんのくみあい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

町村が他の町村とその事務を共同処理するため設立する組織(地方自治法284条)。その事務の一部を処理する一部事務組合、その事務の全部を処理する全部事務組合、役場の事務(つまり執行機関の処理する事務)を共同処理する役場事務組合の3種類がある。一部事務組合は、消防、火葬場、ごみ処理場、競馬、水道、教育などについて、数か町村が協力して処理する組織で、実例も多い。これには、町村のほか、市も、都道府県も参加できる。全部事務組合や役場事務組合は、都道府県や市には利用できず、町村専用である。組合は、関係地方公共団体が協議して規約を定め、総務大臣または都道府県知事の許可を受けることを要する。

[阿部泰隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android