コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町田梅屋 まちだ ばいおく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

町田梅屋 まちだ-ばいおく

1822-1882 江戸後期-明治時代の漢学者。
文政5年生まれ。家は代々医を業とする。森田梅礀(ばいかん)に漢詩を,のち江戸の佐藤一斎に経学をまなぶ。文久のころ高知藩の大坂陣屋詰文学取立役となった。維新後は郷里で私塾をひらいた。明治15年7月23日死去。61歳。土佐(高知県)出身。名は侗。字(あざな)は子愿。通称は良太郎,禎八。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

町田梅屋の関連キーワード宇田川榕菴ドライヤー(デンマークの天文学者)フランシス ゴールトンボアソナード早稲田大学ペドロ烏亭焉馬(1世)グラントボードイン治宮

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone