コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

画所・絵所 えどころ

大辞林 第三版の解説

えどころ【画所・絵所】

平安時代、画工司えだくみのつかさに代わって置かれ、朝廷で絵画のことをつかさどった役所。別当(長官・五位の蔵人)の下に、預あずかり・画師えしが属し、屛風絵・障子絵や衣服の模様などを描いた。鎌倉時代には春日神社・住吉神社・興福寺などの社寺が、また、室町中期以降には室町・江戸各幕府もこれにならって置いた。
に属する絵師。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

画所・絵所の関連キーワード住吉神社春日神社平安時代鎌倉時代興福寺障子絵衣服絵師蔵人別当社寺画工朝廷

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android