コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畏まり カシコマリ

デジタル大辞泉の解説

かしこまり【畏まり】

恐れ謹むこと。
「今日は皆乱れて―なし」〈・三〉
尊貴な相手の行為をもったいなく思い恐縮すること。
「きたなげなる所に、年月をへて物し給ふこと、極まりたる―」〈竹取
感謝の言葉。お礼。謝辞。
「みづからなむ参り侍りて、又々―も啓すべき」〈落窪・三〉
言いわけ。わびごと。
「久しくさぶらはぬ―聞えむ」〈宇津保・嵯峨院〉
おとがめを受けること。謹慎すること。勘当。勘気。
「―許されて」〈・九〉
つつしんで言葉を承ること。
「御返りに―のよし申して」〈・八六〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かしこまり【畏まり】

おそれ慎むこと。恐縮。遠慮。 「 -を甚だしうおきたれば/蜻蛉
お礼。お礼の言葉。 「参り侍りて、又々-も啓すべき/落窪 3
おわび。釈明。 「障る事ありて怠りけるを-とりかさねて/源氏 澪標
怒りに触れて謹慎すること。 「 -許されてもとのやうになりにき/枕草子 9
(目上の人の言葉を)謹んで承ること。 「御返りに-のよし申して/枕草子 86

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

畏まりの関連情報