畏まり(読み)カシコマリ

デジタル大辞泉「畏まり」の解説

かしこまり【畏まり】

恐れ謹むこと。
「今日は皆乱れて―なし」〈・三〉
尊貴な相手の行為をもったいなく思い恐縮すること。
「きたなげなる所に、年月をへて物し給ふこと、極まりたる―」〈竹取
感謝の言葉。お礼。謝辞。
「みづからなむ参り侍りて、又々―も啓すべき」〈落窪・三〉
言いわけ。わびごと。
「久しくさぶらはぬ―聞えむ」〈宇津保・嵯峨院〉
おとがめを受けること。謹慎すること。勘当。勘気。
「―許されて」〈・九〉
つつしんで言葉を承ること。
「御返りに―のよし申して」〈・八六〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android