コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金鶏 キンケイ

デジタル大辞泉の解説

きん‐けい【金鶏】

天上にすむという想像上。この鶏が鳴いてを知らせると、天下の鶏がこれに応じて鳴くという。転じて、暁に鳴く鶏。あけのとり。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きんけい【金鶏】

金鶏星の中にすむという想像上の鶏にわとり。まずこの鶏が鳴いて暁を知らせ、これに応じて天下の鶏が鳴くと考えられた。
暁に鳴く鶏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金鶏
きんけい
Золотой петушок Zolotoy petushok 

ロシアのリムスキー・コルサコフが最晩年に作曲したオペラ。3幕(プロローグとエピローグ付き)。危急のときに鳴く金鶏を星占師から献上された王が、戦勝の褒美に、獲得した東方の女王を要求され、それを拒んだため金鶏に突き殺されるという物語。彼は、この作品においてもロシア民族音楽の要素を大幅に取り入れて国民楽派の伝統を守っているが、その半面、登場人物にそれぞれ特定の主題動機を配して区別するライト・モチーフ(示導動機)の手法、そしてオーケストラによる情景および心理描写の手法も積極的に用いている。これはワーグナーの楽劇からの影響といえよう。なお、プーシキン原作のおとぎ話に基づくV・I・ベルスキーのロシア語台本が当時のツァー体制の横暴ぶりを鋭く風刺しているため、検閲当局の圧力で作曲者の生存中には上演できず、死後、一部を削除して1909年にモスクワで初演された。[三宅幸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

金鶏 (キンケイ)

学名:Chrysolophus pictus
動物。キジ科の鳥

金鶏 (キンケイ)

動物。想像上の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

金鶏の関連キーワードローゼンブラット:リムスキー・コルサコフの主題によるファンタジー/2 pianos 4 hands安岡正篤(やすおかまさひろ)宮崎県東臼杵郡諸塚村家代エクレール・お菓子放浪記リムスキーコルサコフルー シュエチャンクー チャンウェイフォン シャオガンチャン ハンユーフォ ジェンチイシュー ジンレイリウ ペイチーサンドラ ンニンツァイユー ナン松本彦次郎奇々羅金鶏おくりびと孤高のメス阿武 清

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

金鶏の関連情報