コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畔柳武重 くろやなぎ たけしげ

1件 の用語解説(畔柳武重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畔柳武重 くろやなぎ-たけしげ

?-1603 織豊-江戸時代前期の武士。
徳川家康の家臣。元亀(げんき)3年遠江(とおとうみ)(静岡県)三方原の戦いで,徳川方が武田信玄の軍勢に敗れたとき,敗走する家康を護衛して無事浜松城に帰還させる。のち関ケ原の戦いでも功をたてた。慶長8年6月18日死去。通称は助九郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

畔柳武重の関連キーワードエリザベス徳川家康ジェームズ[1世]横田村詮エリザベス徳川家康スチュアート朝つる座徳川氏エリザベス朝演劇

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone