コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畠山昭高 はたけやま あきたか

1件 の用語解説(畠山昭高の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畠山昭高 はたけやま-あきたか

1545-1573 戦国-織豊時代の武将。
天文(てんぶん)14年生まれ。畠山政国の子。永禄(えいろく)12年(1569)兄畠山高政が家臣遊佐信教(のぶのり)を討とうとして敗れたあと,信教らに推され河内(かわち)(大阪府)高屋城主となる。将軍足利義昭から昭の字をあたえられ,政頼を昭高に改名。のち信教と対立し排斥しようとしたが,元亀(げんき)4年6月25日逆に殺された。29歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

畠山昭高の関連キーワード天正鳥取(市)元亀ルートウィヒ浅井長政浅井長政上井覚兼山中幸盛浅井長政鳥取城跡

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone