コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畠山政国 はたけやま まさくに

1件 の用語解説(畠山政国の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畠山政国 はたけやま-まさくに

?-1550 戦国時代の武将。
畠山尚順(ひさのぶ)の子。兄畠山稙長(たねなが)の没後,家督をつぎ,河内(かわち)(大阪府)高屋城主となる。天文(てんぶん)17年対立していた三好長慶と和睦し,翌年長慶の京都入りに協力した。天文19年8月12日死去。幼名は三郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

畠山政国の関連キーワード清原宣賢平戸(市)硫黄島の戦い諫早湾干拓事業戦術核と戦略核新戦略兵器削減条約(新START)調整池米国の核戦略の推移プラハ演説国営諫早湾干拓事業と開門問題

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone