コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畠山高政 はたけやま たかまさ

2件 の用語解説(畠山高政の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畠山高政 はたけやま-たかまさ

1527-1576 戦国-織豊時代の武将。
大永(たいえい)7年生まれ。畠山政国の長男。天文(てんぶん)19年河内(かわち)守護となる。三好長慶(ながよし)と交戦をかさね,長慶没後,三好三人衆に敗れる。永禄(えいろく)11年織田信長から旧領河内半国をあたえられたが,遊佐信教(ゆさ-のぶのり)に高屋城を追われた。天正(てんしょう)4年10月15日死去。50歳。幼名は二郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

畠山高政

没年:天正4.10.15(1576.11.5)
生年:大永7(1527)
戦国時代の武将。父は政国。尾張守。天文19(1550)年家督を継いで河内守護となり,守護代遊佐長教がこれを補佐したが,次いで守護代となった安見直政(宗房とも)により居城の高屋城(羽曳野市)を追われ,永禄1(1558)年,紀伊に下った。翌年湯河直光らの軍勢を率いて三好長慶と共に安見を追い,直光を守護代とするが,同3年に安見と和睦し復帰させたことで長慶と対立,翌々年教興寺の合戦で敗れた。同11年に足利義昭が入京すると,出仕して河内半国を与えられた。翌年再び守護代の安見と遊佐信教に追われ,紀伊に隠居。その後は弟で織田信長の妹婿の昭高が擁立されたが,天正1(1573)年信教に殺され,高屋城は同3年信長により落城,河内畠山氏の最後となった。

(石田晴男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

畠山高政の関連キーワード磯村左近今川氏豊大内義尊織田信房織田信光佐治宗貞斯波義達陶興房東常和畠山政国

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone