番医師(読み)ばんいし

精選版 日本国語大辞典「番医師」の解説

ばん‐いし【番医師】

〘名〙 江戸幕府の職名。若年寄支配に属し、営中表方にあって医療をつかさどり、また、桔梗(ききょう)の間に交替宿直して不時の治療に備えた医師。表番医師。御番医師
※寛政九年武鑑(1797)(古事類苑・官位六四)「御番医師格、奥詰、三十人ふち」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「番医師」の解説

ばん‐いし【番医師】

江戸幕府の職名。若年寄の支配に属し、営中の表方にいて医療を受け持ち、また、桔梗ききょうに宿直して不時の治療をした。番医。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android