番記者(読み)バンキシャ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

首相や大臣政党の実力者など特定の人物にはりついて,その動きを絶えず取材する新聞社や放送局の記者。首相の番記者は首相の名字をとって「…番」と呼ばれる。スクープを獲得するためには取材先に深く入り込む必要があるが,取材対象に密着しすぎることによって癒着が起こることが懸念される。近年政治にかぎらずスポーツの分野などでも用いられ,たとえばサッカーチームやプロ野球監督の専属記者も番記者と呼ぶことがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

番記者の関連情報